TOP > 企業情報 > 代表挨拶

代表挨拶

「塗る・切る・磨く・観る」を極め、
新たな可能性を追求し続けます。
代表取締役社長渡邉 淳

当社は1925年にドイツ顔料の商社としてスタートし、1970年代より研磨分野に参入しました。当社の事業は非常にニッチではありますが、
「塗る」「切る」「磨く」「観る」のコア技術を基に、ハイテク分野へと当社製品の用途を拡大し、ハードディスクや光ファイバー、
さらに3Dプリンター関連製品も生み出し、時代と共に成長して参りました。最近では、Mipox Kyoto株式会社の設立、日本研紙株式会社の子会社化など、
新しい分野への展開を推進しております。

当社は10ヶ国に拠点を有し、世界中にMipox製品をお届けしております。現地ニーズを把握するにはローカルスタッフの力が不可欠であるという考えから、
海外拠点の社員の90%以上を現地人で構成し、運営を一任しております。Mipoxグループ内では異国文化が交わる中、
Mipox Philosophy(考動・品格・方向性・スピード・ポジティブ・プロフェッショナル)を共通の行動基準として、全社員が取り組んでおります。