TOP > Mipoxとは > Mipoxストーリー

Mipoxストーリー

90年以上の歴史ある会社でありながら、常に最先端を目指す
Mipoxは1925年、顔料と色箔の輸入業者としてドイツ資本により設立されました。
その後、箔の塗布技術を応用して研磨フィルムの製造に成功。
精密研磨分野に参入し、今では、製品提供から受託加工、コンサルティングまでをトータルに手がける
研磨のワンストップソリューション企業へと成長を遂げました。

当社は、おかげさまで、2015年で創業90周年を迎えることができました。
これからも、精密研磨だけでなく一般研磨市場向け製品をはじめ、さらなる製品ラインナップの拡充を目指して
技術・サービスの向上に努めてまいります。
  • 1925年

    顔料、箔材の製造・販売
  • 1967年~

    研磨材メーカー
    としての地位確立
  • 1981年~

    精密研磨材、研磨装置を扱う総合研磨材メーカーとして地位を得る
  • 1990年~

    グローバル化、
    超精密研磨領域へ
  • 2004年~

    事業分野の拡大、IT化推進

1925年~1965年

顔料、箔材の製造・販売

1925
L.レイボルド商館の顔料、箔部門を独立
独逸顔料合名会社設立
顔料・金箔・金粉の輸入販売
1928
専属工場設立 粉箔の製造開始
1938
専属工場を増設 色箔・本金代用着色箔の製造開始
1950
山梨工場を新設(八代郡石和町) 粉箔・着色箔の製造開始
1955
金沢工場を新設 アルミ箔の製造開始
1961
昭島工場を新設 各工場を集約 総合工場として操業開始
1965
全自動コーティングマシンを導入 色巻箔の量産体制を確立した
  • Photo

    昭島工場の全景

  • Photo

    レイボルト商館

  • Photo

    レイボルト社屋 設立当時

  • Photo

    研磨テープ

  • Photo

    昭和40年自動コーティングマシン(巻箔)

1966年~1980年

研磨材メーカーとしての地位確立

1967
研磨フィルム(研磨材)の開発に着手
研磨フィルムの製品化に成功
1970
「フィニッシングテープ」の名称で販売開始
昭島工場 大改築 大型コーティングマシンを導入
1974
研磨フィルム専用大型全自動コーティングマシンを導入
1978
研磨フィルム製造用として 電子顕微鏡を導入
1980
高品質・精密研磨フィルム製造用としてクリーンルーム工場の稼働開始
  • Photo

    クリーンルーム紹介の新聞記事

  • Photo

    昭島工場コーティングルーム1974

1981年~1989年

精密研磨材、研磨装置を扱う総合研磨材メーカーとして地位を得る

1981
日本ミクロコーティング(株)へ商号変更
海外市場からの取引が急増
製品ブランド「MIPOX」に統一、海外進出を目指す
磁気メディア(フロッピーディスク)用クリーニングディスクを開発、販売開始
昭島工場 コーティング工場増築
1983
最新鋭クリーンルームを竣工
大型コーティングマシンの増設・大量生産体制を整える
精密研磨材「マイクロクリーニングディスク」の販売開始
1984
山梨工場(山梨ミクロコーティング(株))の建設に着手
同工場の稼働開始
1987
米国ノートン社との販売提携開始
昭島工場内に研究開発室(ラボ)を新設
1989
箔の製造部門を帝国インキ製造(株)へ譲渡
  • Photo

    社名変更

  • Photo

    Mipox名の由来

  • Photo

    ノートン社提携

  • Photo

    建設中の山梨ミクロコーティング

1990年~2003年

グローバル化、超精密研磨領域へ

1990
米国カリフォルニア州にマイポックス・インターナショナル・コーポレーションを設立
1994
液晶パネル用研磨装置(液晶パネルクリーナー)を開発、販売開始
1995
半導体用研磨装置 シリコンウェーハ用エッジポリッシャーを開発、販売開始
1996
山梨工場クリーンルームを増強・改修
ハードディスク用研磨材を開発 新製品としてリリース
1997
マレーシア現地法人 MIPOX Malaysia SDN.BHD. を設立
大口径12インチ用シリコンウェーハエッジポリッシャーを開発、販売開始
ハードディスク用研磨剤(スラリー・潤滑剤)を開発、販売開始
1998
ダイヤモンドスラリーを本格受注
R&D体制を強化 ハードディスク用研磨装置(テープバーニッシュ装置)を開発、販売開始
1999
液晶パネル用クリーニングシートを開発、販売開始
液晶パネル用光学フィルムの「受託塗布事業」の本格対応開始
2000
マレーシア ペナン工場設立、稼働開始
ハードディスク用スラリー、潤滑剤の開発強化、販売増強
光ファイバー用研磨フィルムの開発、販売を強化
2001
ガラス製ハードディスク基板向け テクスチャー技術を開発、採用に至る
日本ミクロコーティング(株)として JASDAQ店頭市場に上場
2002
半導体用研磨材(CMPパッド)を開発、製造開始
ガラス製ハードディスク基板向け スラリーの量産、販売開始
2003
山梨工場 スーパークリーン対応の大型コーティングマシンを設置、稼働開始
  • Photo

    mic設立

  • Photo

    クリーンルーム

  • Photo

    液晶パネルクリーナー

2004年~

事業分野の拡大、IT化推進

2007
シンガポール現地会社Mipox Singapore Pte Ltd.(現MIPOX Asia Pte. Ltd. ) を設立
2008
自動車用研磨材VARIOFILMをリリース、販売開始
2010
受託事業(受託塗布・受託研磨)強化
2010
BtoC製品 コンシューマー向け研磨材の取扱い開始
2011
クラウドアプリSalesforceの運用開始
2013
インド現地法人MIPOX Abrasives India Pvt. Ltd. を設立
2013
Mipox株式会社に社名変更
2015
子会社Mipox Kyoto株式会社を設立。反射材の取扱いを開始
2016
見える化・ワンオフィス化を推進
2016
全拠点で統一のERPシステムの導入が完了
2016
日本研紙株式会社を買収。サンドペーパー、砥石等 汎用研磨材の取扱いを開始
  • 受託事業強化

    受託事業強化

  • Salesforce運用開始

    Salesforce運用開始

  • 山梨工場 ワンオフィス化

    山梨工場 ワンオフィス化